リーダー論の本はどれも心に響かない。

なんというか、読んだからといって、何かが変わる感覚がまるでしない。むしろ単に辛いだけだ。

単純に、リーダーシップというものが本で学びにくいジャンルなのか、それとも自分が本を読めるレベルに達していないのか、それとも他の何かの理由があるのか。

よくわからないが、どんな本に目を通しても、書いてあることが体に入ってこない。

何でなんだろう。

スクリーンショット 2018-06-19 18.50.50.png

人生初の会社経験、そして、入社から三年経過。思えば遠くまで来たもんだ。

会社員になってから1000日程度が流れた。

入社当時から1ヶ月ほどは、まるで夢の中にいるようだった。その時の意識は「不安と期待」という言葉では言い表せないような、高揚した状態になっていた。30代になってから人生初の会社勤めだったのだから仕方ない。

それから色々なことがあった。会社組織に馴染めない時期や、自分が何が出来ていないかさえまるで分からない時期もあった。

思えば今では、見違えるように会社というものに馴染んている。良く言えば成長し、フラットに言えば適応した。そして全身がリラックスしている。語弊を恐れず言えば、まるで遊びに来ている感覚だ。周りからも認められるようになり、その後、しばらく経ってから、自分でも自分を認めるようになった。

3年前を思い出すと、自分というものは、まるで違う人間のように思い起こされる。人はほんの少しずつの変化を続けて、いずれはまったく別の生き物になる。細胞が少しずつ入れ替わっていくように。

これからどこに行くのかは分からない。出来ることならば、仕事や組織というものの甘美な部分の、もう少し長く経験しながら生きていたい。人が協力しながら働くというのは、本当にやりがいがあって、素晴らしいことだと思う。

エンジニアの仕事どうこうというよりも、人と協力しながら働くことが好きだ。3年前までは、まるでそうしてこなかったことだからこそ、なおさら。

テンションが上がらない朝は「今日はダラダラと働こう」と心に決めると楽になる。

どうせ午後になれば、調子が上がってきたり、しなかったりするのだから。

これはパラドックスだ。

「ダラダラと働こう」と心に決めても、実際はそうならないことの方が多い。

「気合を入れて働こう」と心に決めても、実際はそうならないことの方が多い。

むしろ「ダラダラと働こう」と決めた日ほど、良い塩梅のテンションで働けたりする。

心に決めることと、実際の働きぶりは、あまり関係ない。

僕はなんだかそんな気がしている。

どうせ決意と仕事ぶりは関係ないのだから、自分の体に逆らわず、楽な考え方をチョイスしてやる。

それが逆説的に、一番良い仕事を作ってくれるかもしれないのだから。

「無責任リーダー」なんていうコンセプトはどうだろうか。

昔「無責任艦長」というライトノベルがあったみたいな感じで。

リーダーには責任感が必要だ。

いや、正しくいうと「責任を扱う能力」が必要だ。

そしてここがパラドックスだが、責任感を感じることと、責任をまっとうすることは違う。

責任感を感じていたからといって、責任を果たしているとは限らないし、責任を果たしているからと言って、責任感を感じているとは限らない。

責任感=プレッシャー?

こう考えると分かりやすいかもしれない。プレッシャーを感じても、責任能力は高まらない。

なので「無責任リーダー」というのは「低プレッシャー・リーダー」という意味だ。

仕事はゲームだ。ゲームの遊び方を考えよう。

仕事が退屈な日は、楽しみ方を考えれば良い。

仕事が難しい日は楽にする方法を考えれば良い。(怠惰は三代美徳の一つ)

身体感覚のレベルで、ゲームの中に没入していこう。

ゲームで遊べば遊ぶほど、ゲームの楽しみ方はうまくなるはずだ。

健康体であることは、一番見過ごされがちな、大きな価値だ。

仕事ができる人はすごい。

だけど仕事がそこまで出来なくても、価値を保つ方法はある。

人間として、ごくごく基本的なこと。

それは仕事に穴を空けないことだ。

そのために、健康を保つということ。

健康であるということは、ぜんぜん目立たないけど、長い期間でみると、実は意外に大きな価値になると思う。

これは仕事が出来る人への皮肉じゃない。

たとえ仕事が出来なくても、武器は他にもあるという話だ。

「仕事が出来る」か「健康体」か、どちらか片方でも出来れば良い。

この二例に限らず、仕事の武器はいくもかあって、自分が得意なものを磨けば良い。

「健康であること」はあまりに平凡で、あまりに見過ごされがちな価値だと思う。

仕事のTODOリストは「集中力が必要な順序」に並べるのが良いかもしれない。

集中力が高い時は、順序の上の方の仕事を。

集中力が低い時は、順序の下の方の仕事を出来るようにしておく。

最近は「時間管理」より「エネルギー管理」が注目されてきている。

人間の生体に合ったタスク管理をしよう。

デスクの前にいるだけが仕事じゃない。

デスクを離れて歩いている時、昼休憩でうとうとしながら仮眠をする時。

そんなときに仕事について考えていると、最も良い答えが出できたりする。

もしタバコを吸う人なら、それは喫煙ルームで一服する時間かもしれない。

目に見えるものに惑わされるな。

実は仕事の中で大事なことは、すべて目に見えなきところでおこなわれている。

会社組織における「成長」は「適応」だと思っている。

「成長」はストーリーで「適応」は具体的な現象だ。

何が言いたいかというと、成長に善悪はないということだ。成長しても善ではないし、成長しなくても悪ではない。ただ適応しているだけなのだから。

(ただ、能力を上げて他の人に役立つのは、幸福なことだ)

というより、成長そのものが全て適応なのかも。

生物は環境への適用で成長するように。