「無責任リーダー」なんていうコンセプトはどうだろうか。

昔「無責任艦長」というライトノベルがあったみたいな感じで。

リーダーには責任感が必要だ。

いや、正しくいうと「責任を扱う能力」が必要だ。

そしてここがパラドックスだが、責任感を感じることと、責任をまっとうすることは違う。

責任感を感じていたからといって、責任を果たしているとは限らないし、責任を果たしているからと言って、責任感を感じているとは限らない。

責任感=プレッシャー?

こう考えると分かりやすいかもしれない。プレッシャーを感じても、責任能力は高まらない。

なので「無責任リーダー」というのは「低プレッシャー・リーダー」という意味だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です